大阪の演劇集団「浪花グランドロマン」のサイトです。

浪花グランドロマン「吐息を見つめて」ご予約受付を本日より再開します。

新型コロナウイルスへの対策を十分に行ったうえで稽古を進め、上演を目指したいと考えております。自粛要請等による日時変更の可能性もございます。適宜情報をお知らせしますのでご注意ください。

対策については随時こちらに更新予定です。

浪花グランドロマン30周年記念公演 /ウイングフィールド提携公演/大阪市助成公演

「吐息を見つめて」

言葉にしてしまったが最後、それは思いでも気持ちでも無くただのサイン、しるしに変わるんだ。

作・演出 浦部 蒼士

日時 2020年8月14日(金)19時半

       15日(土)14時 18時

        16日(日)12時 16時

※受付開始は開演の30分前で、受付開始とともに開場します。

※席数に限りがございますので必ずご予約をお願いします。各ステージの予定枚数に達した場合、当日券の発行は行いません。

会場 ウイングフィールド(大阪市中央区東心斎橋2-1-27 周防町ウイングス6F)

CAST    東風ふみ つげともこ 響 音次郎 めり 中谷仁美 関角直子

       古川智子 鎌田恵弥 出本雅博

STAFF    舞台監督/堀田 誠(CQ)・ 福島 祥行

       美術 佐野 泰広(CQ)

       音楽・ 音響プラン 響 音次郎/音響 大西 博樹 

       照明      ポキ/制作 浪花グランドロマン

協力  劇団大阪新撰組

料金 前売:¥2800 /当日:¥3000/大学生・専門学校生:¥2000 

   中高生・65歳以上・HCをお持ちの方:¥1000

   小学生以下は無料(要予約)

(割引を受けるには受付にて身分証明書等をご提示ください。 

割引チケットは劇団でのみの取扱いとなります。)

予約・お問合せ

浪花グランドロマン Tel & fax:06-6714-9038/Mailngrticket@gmail.com

予約サイト:https://www.quartet-online.net/ticket/toiki

どうも、
2順目回ってきました手作りマスク常用者フルカワです。
ようやく梅雨もあけましたね。いや~長かった……

ということで、8月になりました。2週間後には本番を迎えます。そんな今日は音太小屋さんで実寸稽古でした‼(が、写真を1枚もとっていないことに今気づいた残念な私……)本番サイズでの貴重な稽古。いつものお稽古場での距離感とは少し違う中で、みっしり通した今日の稽古でした。ますます気合い入ったぞー‼

8月に入ったのでそろそろ高速回しでしょうか?
というわけで、今回の芝居でナンバーワン運動量のかまたさんにバトンを渡しまーす(^-^)

普段は布マスクのめりです。
4月の緊急事態宣言の時にマスク作りにハマっていっぱい作ったんですが、厚めのダブルガーゼを使ったので今の季節はつらくって…
100均のクールタオルも試してみたんですが、今のところエアリズムで作ったマスクが通気性がよくて汗をかいてもサラサラしてて快適です。
本家のユニクロが作ったエアリズムマスクは暑いみたいですね。

今日は全員揃って衣装合わせをしましたよ。
自分で選んで持っていった衣装やけど、舞台上では暑いんやろうなぁと思ったら今から憂鬱です。
舞台上で汗をかくならまだしも、今回コロナ対策で換気のために裏の通路の窓を開けるので(お客さんからは見えないよ)きっと出番前に汗だくになるんやろうなぁ

…いややなぁ

では次は、同じく手作りマスクが素敵な古川さんお願いします

突然ですが、マスクがないと外出も憚られる昨今、みなさまはどんなマスクをつけてはるんでしょうか・・

今回、役者も割とマスクをつけてるので(あ、ネタばれ?じゃないよね)、マスクもいわば衣装みたいなもんなんで、どんなんがいいか、てな話も出ております。
日常でゆえば、私は基本、不織布のやつを洗って使い回してます。普段はメガネユーザーなんで、やっと最近は曇らないようにマスクつけられるようになった!・・と思いきや、気温が高くなってきたらやっぱり曇るのね、、、もー!!

では次はお手製の素敵なマスクをつけてるめりちゃん、よろしくです。
写真はちょっと前の稽古場の一瞬。

新型コロナウイルスで日常が大きく変わった方も多いと思います。明日に続くと思っていた毎日が、突然奪われてしまった。今回演じさせていただくのは、そんな役どころです。日常は、しばしば突然揺らぎます。災害によって。事件や事故や病気によって。人との別離によって。けれど、やがて、人は新たな日常を営み始めます。強かな鈍感さをもって。日々と日々の間の危なっかしい今日、今。その切なさや愛おしさを一緒に感じていただければと思います。ぜひ。

次は、いつもいつも新鮮な驚きを与えてくれる、我らがつげさんにお渡しします。

「♪やるなら今しかねぇ!」
あの長渕先生の「西新宿の親父の唄」の歌詞のワン・フレーズが頭に降ってきたせいで、ようやく役者復帰させてもらうはめとなった響音次郎です。
14年ぶりです。役者をしている姿は知らん人も多いはず。
久しぶりの役者としての稽古、楽しんでます。

さてみなさん、長渕先生といえば、あの伝説の清原の引退セレモニーですよね。え?そんなの知らん?
先生の熱唱する「とんぼ」を時々目頭を押さえながらただただ直立不動で聴く清原!しかも長渕先生、ギターをかき鳴らすだけのエンディングがやたら長い!!耐える清原!!
……役作りに没頭するあまり、そんな稽古とは何の関係もないようなことを場割の最中にフッと思い出してしまう不謹慎さは14年たっても変わりません。

昨日、不注意で稽古をすっぽかす夢を見ました。ほんま怖いですね。
台詞を忘れる夢の次に怖い。
そん時一番最初に謝らねばと思った(←いや、全員に謝れ!!)、今回御相手をしていただく村さんこと東風ふみさんにお繋ぎしたいと思います。

梅雨とはいえ、毎日、よく降りますね。
以前の稽古場は、集中豪雨があると、
心配なことがあったのですが、
今の稽古場は問題ないようです。
新稽古場で初めての夏を迎えています。

稽古はこの10日ほどで、
美術の打ち合わせがあったり、
音楽のあたりがつけられたり、
そろそろ衣装もね…
と、いろいろ形が見えてきました。
変わったことはしません。
じっくり会話を楽しんでもらう、
芝居です。

では、次の書き手は…
あ!変わったこと、ありました。
音次郎さんが舞台に帰ってきましたよ!
では、音さん、お願いします♪


他のキーワードで検索 »